株式会社 大喜

生命保険・損害保険代理店

*

最先端のがん治療・・・・重粒子線がん治療他 ご案内は、AIG損保代理店(株)大喜です。

      2018/11/05

日本では、1生のうち2人に1人は、がんにかかると言われています。

特にがんにかかりやすい部位は・・・

男性では 1:胃 2:肺 3:前立腺 4:結腸 5:肝臓

女性では 1:乳房 2:胃 3:結腸 4:肺 5:子宮・・・・・・・の順。

(出典:国立がん研究センターがん対策情報センター)

がんの主な治療法は<放射線><外科><科学・抗がん>でしたが、1994年から重粒子線治療の臨床が行われるようになり、2003年には先進医療による治療が始まりました。

*重粒子線がん治療(じゅうりゅうしせんがんちりょう、heavy ion radiotherapy)とは、がん病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能とされる放射線を用いた最先端の治療法。

 

外科手術および化学療法に対する放射線療法の長所である機能と形態の欠損や治療中の身体的負担が少ないことに加え、従来からの放射線治療であるエックス線ガンマ線陽子線に比べ、体の表面では放射線量が弱く、がん病巣において放射線量がピークになる特性を有しているため、照射回数と副作用をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能とされる。*(wikipedia)

<粒子線治療をうけらる施設>

 

 - NEWS, レコメンデーション